2020年12月3日

福島県立白河高校同窓会東京支部
鶴(院展カタログ表紙)
白鳥讃歌
Swan’s hymn

冬にはいり、鳥達が例年通り、元気に日本列島に飛来する。「鳥帰る」(季)である。
若い頃、冬の北海道涛沸湖(とうふつこ)で白鳥や鴨達の群れを、はじめて見た時は、その壮観さに圧倒された。
小生もいつしか年を重ね91才になり、もう、あまり時間がない。
発表するなら今、長年の構想でもあり、体力に多少不安もあったが発表にふみきった。


日本美術院の許可を得て掲載しています。

今井珠泉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA