2024年6月21日

福島県立白河高校首都圏同窓会

 

北ぐにの春


春を前にした、丹頂・流氷・残雪の「三白」をテーマに制作したものです。

やがて流氷がとけはじめると、待ちにまった春が訪れる。遅々とした歩みではあるが、春の兆しを

感じるこの時期独特の感じは、一見色彩は地味だが、なんともいえない、期待感を伴う風情がある。


日本美術院の許可を得て掲載しています。

今井珠泉画伯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA